プロフィール
cool_metabolic5.JPG
ツイッターやってます。https://twitter.com/sunoise

ツイキャスでたまにDTM放送やってます。http://twitcasting.tv/sunoise/

2016年10月05日

ハウリングとループバック、ステミキとステレオミキサーについて

こんにちは、めんどくさいオッサンです。

タイトルにも在るとおり今回は誤用されやすい

「ハウリング」と「ループバック」

そして

「ステミキ」と「ステレオミキサー」

について解説したいと思います。

■ループバックとは
「ぐるっと回って自分のところに帰ってくる」と言う意味です。これは音楽だけの用語ではなく通信関係でも使われる用語です。ループバックを考える際には「どれぐらい遅れて戻ってくるか」という点に留意する必要が在ります。何も言わない場合、基本的にループバックは「遅れて1回だけ帰ってくる」といった意味合いになりやすいのですが、実際には何回帰ってきてもループバックはループバックです。とにかく出した音が返ってきて入力されればループバックなのです。

□Skypeで起こりがちなループバック
Skypeでは

 話し手→通信回線→聞き手

のようになり、通信回線で必ず遅延が起きます。なので

 話し手→通信回線→聞き手側で話し手の声が再度通信に乗る→通信回線→話し手に声が戻る

のように通信を二回またぐことで相当の遅れが生じます。
このようなやまびこ現象を故意に起こす効果をディレイと呼びますが、機能的な問題から自然発生するものはあまりディレイといわないのでここでは気にしなくて良いでしょう。

■ハウリングとは
そもそもはマイクから入力された信号を増幅してスピーカーに出力して、それを再度マイクで拾うことで元の音よりも強い信号が発生する現象をハウリングといいます。

 マイクに入力→増幅→スピーカーに出力→マイクに入力→増幅→スピーカーに出力……

上のようにそれが連続して起こることで得られる現象なので

「ハウリングはループバックの一種と言えなくもないが、ループバックはハウリングではない」

ということが言えます。エレキギターのピックアップなど空気の振動を音の信号として拾えるモノと、アンプとスピーカーさえあれば基本なんでもハウリングを起こせます。

ここで比較音源を用意しました。記事の特性上、大変に強い出力の音源ですので、再生環境や耳には十分気をつけてください。ハウリングの実験のあたりでかなり強い音が出ます。



ともすれば音響機器を破壊しかねないハウリングと、単に音が返ってくるだけのループバックの違いがご理解できたでしょうか。音響関係の人間にとっては「お前の家に消防署から人が来てる」と「お前の家が燃えてる」ぐらいの違いがあります。

■「ステミキ」と「ステレオミキサー」
「ステミキ」は未だ実像のない言葉ですが、急速に認知度を高めています。これまでに何度も「ステレオミキサーって書いてあるからステミキのことだと思った」という悲痛な声を耳にしておりますが、まずはステミキの意味から考えて見ましょう。

□実像のないステミキの正体
ステミキには実像がないと書きましたが、ステミキを導入したい方は多く居ます。それでは彼らが具体的に「何をしたいのか?」からステミキの意味を考えていきましょう。ずばり「カラオケ配信がしたい!」「Skypeの通話会議を放送したい!」といったことではないでしょうか。それはこういうことになります。

 パソコンで鳴っていて自分が聞いている音を放送にのせたい

こういうことになります。スピーカーで音を出してマイクで拾いなおせば解決なのですが、自分の声もマイクが拾いなおしてしまうので、無策に決行すると今回は本当にハウリングを起こしてしまいます。ですから

 オケなどPCで再生している音→自分の声とミックス→放送にのせる
 Skypeから入る自分以外の声→自分の声とミックス→放送にのせる
 自分の声→放送にのせる

と自分の声とそれ以外の音を分けて処理する必要があります。そのために

WS000093.JPG

といったシステムを作る必要があります。この設定が「たまたま」Windowsの一部機種で「ステレオミキサー」という名前のアプリケーションで可能だったため、略して「ステミキ」という呼称をつけた人間がいるようです。しかし、当時ですら全てのWindowsマシンがこの機能を持っていたわけではありませんでした。
なので「私のPC、ステミキ入っていない」という謎のフレーズが生まれたのです。しかし、残念ながらWindowsはWindows2000以降(下手するともっと前から)、全てのバージョンにステレオミキサーは入っていたと記憶しています。これは主食がパンの国民に「お前らは日本人ほど発酵食品を食べていないから寿命が短い」という濡れ衣をかぶせるに等しい行為で、大変に悔やまれます。

□ステレオミキサーとは
ではステレオミキサーとはそもそもなんでしょうか。これはステレオで音をミックスする機械の事です。例えばPCでYoutubeの動画を2つ同時に再生した場合、両方の音が同時に聞こえます。これはステレオミキサーの効果によるもので、もしステレオミキサーが無い場合、どちらか片方の動画の音しか聞こえなくなってしまうといった事が起きるでしょう。ちなみにこの機能だけだとそれは単に「ミキサー」となりますが、音がステレオであってもミックスできるモノを特に「ステレオミキサー」と呼びます。それを踏まえたうえでニコニコなどの配信がステレオではなくモノラルだった場合、その配信にはステレオミキサーすら必要なくなるといえます。

□結局、カラオケ配信するには何をすればいいの
ステミキがステレオミキサーと異なるモノだということはご理解いただけたと思います。その上で「ステミキが何を表すのですか?」という質問に一言で答えた場合、それは

 ループバックとミキサーの組み合わせ

だといえます。Skypeで邪魔者のループバックがなぜカラオケ配信に必要か分からない方もいるかもしれませんがこの図をみていただければ分かると思います。
WS000092.JPG
前にも述べたように「出した音が返ってきて」いるからループバックです。
ただし、この時にPC側の入力にマイクしかない場合は図の方法ではカラオケ配信できません。ライン入力ができるジャックが必要になりますので、オーディオインターフェースなどを購入検討するか、説明したループバックを可能にするアプリケーションを導入してください。

■まとめと追記
ぶっちゃけ配信者がどれだけ用語を間違えようとも本来私には何の実害も無いはずなのですが、謎の用語を駆使して私に窮状を訴えてくる人が居なくならないことを理解したので、このようなテキストを書きました。とにかく言える事は

・楽器屋や電器屋の店員に「ステミキありますか?」とわけのわからないことを聞かないで「カラオケ配信を某サイトでやりたい」と言うこと。店員がたまたま生主だったとかじゃないと通用しない。
・ループバックできるかどうかわからない状態で謎のUSBマイクを買わないこと。
・ステレオミキサーをおもむろに買わないこと。ミキサーを買う場合はきちんと配線計画を立ててから。何言ってるか分からない人は楽器屋さんにちゃんと説明して意見を仰ごう。
・「ステミキにあわせてマイクもステレオ買おう!」とか危険なことを考えないこと。淋しくて死ぬ。
・PC用のマイクを買うときは「プラグインパワード方式」または「定格1.5Vコンデンサー方式マイク」、「PC用マイク」を買うこと。
・ミキサーやオーディオインターフェースに挿すマイクは逆に「PC用マイク」など上に書かれたマイクは避けること。
・コンデンサーマイクを買うときも店員さんにきちんと自分の環境を説明すること。
・必要があったら、自分のPC周りや型番など、全部写真にとって相談しよう。

以上。
posted by スナ惡とか粂田とか at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

最近のお仕事履歴など

■おすすめの視聴楽曲(3曲)
こちらのブログをさかのぼればそれなりに音源が出てきますが、3曲抜粋しておきます。

https://en.creofuga.net/audios/49624(外部サイトが開きます)
http://krick2.seesaa.net/article/411891074.html
http://krick2.seesaa.net/article/423899190.html

■最近のお仕事情報■
委託で楽曲制作やライブ出演行っております。

【ライブ出演】
6/25「アクアエコ博」様に「リサイクル楽団」一員として
6/4「18回小野小校区祭」様に「リサイクル楽団」一員として
4/23「大垣環境市民フェスティバル」様に「リサイクル楽団」一員として
8/20「ゴミを楽器にするぞ!ワークショップ」に「リサイクル楽団」として

【楽曲提供】
鳴子踊りチーム「戸笠の風」様
2015年使用楽曲「みちしるべ」(作詞/作曲/編曲/歌)
2016年使用楽曲 ※未公開(作詞/作曲/編曲)
↑公開になりました 「深き心の闇を見よ」http://krick2.seesaa.net/article/441534304.html

風遊様
「スカイ」(作詞/作曲/編曲/レコーディング)
「冬の歌」(作詞/作曲/編曲)
「BUBBLE BUBBLE POP」(作詞/作曲/編曲)
「0202」(作詞/作曲/編曲)ほか

伊吹來羽様
「マスクの日」(作詞/作曲/編曲)
「一大事」(作詞/作曲/編曲)

C.Sea.dolls☆様(解散されています)
「ユメユメミルミルガジェット」(作詞/作曲/編曲)

翔スタジオ様
「春風メッセンジャー」(作詞/レコーディング)

リサイクル楽団様
「リサイクル楽団のテーマ」(作詞/作曲/歌)

【その他】
戸笠の風様への練習環境での音響設備アドバイス
開店休業状態のボイストレーニングなど

■個人活動■
仕事以外でも楽曲の共同制作や個人でのライブ出演など行っております。

4月2日に島村楽器アクアウォーク大垣店にて「島村楽器LIVESTREET Vol.22」
https://www.youtube.com/watch?v=BgjcY_w2Y9o
posted by スナ惡とか粂田とか at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

マインクラフト非公式日本語フォーラムサーバー非公認オフ会立案

オフ会やります。

・目的
がっぽいに言われたから

・概要
岐阜県でオフ会を決行する

・日取り
2015年9月21日(月)

・時間割
岐阜羽島駅(東海道新幹線)10:00 集合場所A(※1)

JR岐阜駅 11:00 集合場所B

sdust宅 または スガキヤ名鉄岐阜駅前店 で昼食 11:30

懇親会 12:00

焼肉「高木」で飲み&夕食開始 (本巣郡北方町) 16:00

帰宅時間にあわせて退店後、JR岐阜駅を経由して岐阜羽島駅へ

・会費など
未成年及び運転の都合等で飲酒しない参加者は割り勘の際-1000円とする。
posted by スナ惡とか粂田とか at 19:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツイッターで出てた数学の問題

とてもじゃないけどツイッターに載る分量じゃないのでこちらへ

https://twitter.com/EF12project/status/623079624088514560/photo/1
CKWfnb2UYAA409W.png

上の問題(というか単に難題)を解決しようと数式を作り始めたのですが、6元3次方程式とか私からすると「多次元宇宙の本当の姿をスーパーコンピューターで!」みたいな話で、とてもじゃないけど夏の間に終わりそうにないので、割り切って手順を書いてみました。正直3乗根の記述など全然自信がないのですが、プログラミングわかる方なら直せるだろうとタカをくくって投げます。

==ここから==

<準備>

aはややこしいのでx、bもややこしいのでyとします。←重要!

そうすると与えられた式は

y=A(1-x)^3 +3Bx(1-x)^2 +3Cx(1-x) +Dx^3

となり、( )を外して=0の方程式にすると

(-A+3B-3C+D)x^3 +3(A-2B+C)x^2 +3(-A+B)x +A-y=0

となります。

また、三次方程式の解の公式である「タルタリア・カルダノの公式」を利用していきます。

<項の整理>

新たに以下のようにa~dを定義します

a=(A*(-1))+(B*3)-(C*3)+D

b=(A*3)-(B*6)+(C*3)

c=(A*(-3))+(B*3)

d=A-y

<タルタリア・カルダノの公式への代入の準備>

t1=((a*a*d*27)+(b*b*b*2)-(a*b*c*9))/(a*a*a*54)

t2=(((a*c*3)-(b*b))/(a*a*9))^3

t3=b/(3a)

t4=((t1^2)+t2)^(1/2)

<タルタリア・カルダノの公式への代入>

x=(((-1)*t1)+t4)^(1/3)+(((-1)*t1)-t4)^(1/3)-t3

==ここまで==

プログラミングはすがやみつる先生の「こんにちはマイコン」で学んで以来ほぼ触っていないので記述に自信がありませんが、なんとか読解していただけると幸いです。
posted by スナ惡とか粂田とか at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

私的物書き論

私、自慢じゃないですが、文章を書いてお金になる頻度が日本のワールドカップ本線進出と競ります。
それでも、辛うじてものを書く仕事はしたことがありまして、その過程で開眼したのですよ。

プロじゃなくても物は書ける!

まあ当たり前のことなんですが、そんな確信的アマチュア物書きの私にもモノを書くときのポリシーはあります。それは「描写の密度に注意する」ってことです。モノを書いているということは少なくとも創作することがあるわけですが、その折に「自分が書きたいところだけ力が入る」という現象が往々にして起こる。自称絵がうまい漫画家になりたい奴が顔しか書かないのに近い現象かもしれません。文章でも起こります。均一でもダメだと思います。濃淡は意識して付けます。

たとえば昔話とか神話を見ていると描写の薄さにドキドキするんですよね。「一行はそこから寝ずに三日進むと、川辺でテントを張り、朝日を待ってまた進んだ」的な表現の素晴らしさ。もう全然描写してない。あとは途中で通る森の形容表現が全部一緒だったり、シンプルでたまらん。そうやって書けば、わけのわからない設定たくさん作らなくても、どんどんお話は書けちゃうわけですよ。でも、厨2病30代としてはいらない設定考えたいので、それをどうやって披露しようか考えるわけです。結果「エピソードで披露する」手法をとるわけです。登場人物に説明させないでエピソードで差し込めば、話のテンポも狂わない。まあ、毎回うまくそんなことができるかは別の問題として、そんなことを思いながら話を組み立てたりする時もあります。
posted by スナ惡とか粂田とか at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。