プロフィール
cool_metabolic5.JPG
ツイッターやってます。https://twitter.com/sunoise

ツイキャスでたまにDTM放送やってます。http://twitcasting.tv/sunoise/

2016年02月22日

スイング・バイ・ニビル

Swing-by Nibiru

 人類は宇宙が膨張する力を取り出すことに成功し、ほぼ無限のエネルギー源を手に入れた。それは即ち、それまで理論的に証明されていたが不可能だとされてきた技術に手が届いたことに他ならない。とうとう人類が太陽系の外へ足を踏み出すときがきたのだ。
 そうした経緯の中、恐るべき幾度かの実験を経て完成したMEP(空間膨張力推進)船「アルゴ」。そしてコールドスリープで1人の人間を地球外に送り出し、帰還させる「アルゴプロジェクト」が発表される。その乗組員に志願したのがエースだった。
 その後、地球では戦争が起きた。Aは当然コールドスリープ中でその事実を知らずにいたが、その戦争を太陽系の外から気付いた者が居た。名もない超文明は宇宙膨張力を戦争に利用した人類の殲滅を決定した。Aが予想より早く目を覚ましたのはそんな折だった。起こしたのは亡き恋人のAIだった。太陽系外からの超文明のメッセージをいち早く傍受したのだ。「このまま戦争を続けさせれば、必ず人類は滅亡する」と教えられたAは、人類の滅亡を食い止めるために地球の文明を滅ぼすしかないと悟った。
 太陽系最後の惑星ニビルがそこまで迫っていた。Aはアルゴの操縦を元のプログラムから切り離し、9番惑星ニビルへと進路を向けた。「本機はこれより惑星ニビルでスイングバイを行う。以後、地球からのコントロールは一切を遮断。地球文明を滅ぼす」。Aが地球へ帰ってくる。

*Aのテーマ

帰ろう、おうちへ帰ろう
日は暮れ、月が昇る
帰ろう、おうちへ帰ろう
早く、夕ご飯が待ってる
朝出で、夕に帰り
夜は静かに眠る
良い子、坊やは良い子
きっと明日もそう、良い日だ

*ピアノが主のインストゥルメンタル


*スイングバイのテーマ

ねえ覚えていますか?
青空のその向こう
見上げて漕ぎ出したら
波紋広がってく空を
スイングバイx2

ねえ忘れてないよね?
二人でした約束
手と手を取り合ったら
二度と離さない、ギュッと
スイングバイx2

ねえ泣いたら嫌だよ?
今もずっと一緒だから
あなたの寂しいとき
思いっきり引力、届け
スイングバイx2

ねえ試してみますか?
二人生まれ変わっても
きっと出会える運命
もしもダメでも何度でも
スイングバイ・・・

全体的に作ってる私自身が雰囲気だけ掴んでる感じだね。
posted by スナ惡とか粂田とか at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434147314

この記事へのトラックバック